優良な海外FX業者の人気比較ランキング!人気第1位はXM 第2位TitanFX!

海外FX業者 口座開設 おすすめ比較ランキング

海外FX

海外FX業者を利用して国内FX業者の合法的詐欺行為を回避しよう

投稿日:

海外FX業者選びに役立つランキングサイト

国内FX業者は合法的に詐欺行為に近いことができるため、利用者からすれば不利な取引を強いられてしまうことになります。
合法的であるため詐欺に問われるわけではありませんが、実態としては限りなく詐欺に近いものだと言えるだけに、どのような行為が行われているのか理解しておくことは国内FX業者を利用して取引する上では大切です。

国内FX業者が行う合法的詐欺行為のひとつに、ストップ狩りと呼ばれるものがあります。
これは業者がストップロス注文の多いところを狙って、少しレートを動かすことで連鎖的にストップロス注文を発動させることができます。
業者側はストップロスの連鎖によってどのような値動きをするのか分かっているわけですから、これを利用して簡単に利鞘を抜くことができるのです。
FXの市場は非常に巨大であるため、ちょっとやそっとの資金力で相場を動かすことはできません。
しかし、国内FX業者が提示しているレートというのは、あくまでもその業者が提示しているレートにしか過ぎず業者間によって多少の差があります。
それを利用すれば目立たない程度にレートを動かすことで、ストップ狩りを実行することができるというわけです。

スリッページは最初から業者がうたっているだけあって詐欺行為に思えないかも知れませんが、実質的には詐欺に近いものとなっています。
FXは常に相場が絶え間なく動いていますから、売買注文を出した価格と市場の価格が乖離してしまうことが少なくありません。
そこで、スリッページと呼ばれるどこまでレートの乖離を許容するのかという設定があるのですが、これがおかしな点としては利用者からして不利な方向にしか滑らないということです。
スリップをするのであれば必ずしも不利な方向とは限らず、有利な方向に滑ることもあります。
ところが大抵のFX業者では利用者からして不利な方向にはスリップをするのに、有利な方向にはスリップをしないという不可解な現象が起こります。
これはすなわち業者が何かしらの操作をしているということになり、合法ではあっても限りなく詐欺行為に近いものと言えるでしょう。
ただし、スリッページはすべての業者が利用者に不利になっているとは限らず、利用者にとって有利に滑ることもある業者もあるので全部が全部詐欺行為をしているわけではありません。

最後に約定拒否がありますが、これはスリッページと似たようなもので提示されていたレートと実際のレートが乖離した時に約定が成立せずに拒否されてしまうというものです。
これも利用者が有利な時には約定をせず、不利な時には約定をするケースが少なくありません。
約定拒否が発生しやすいのは相場が急激に動いたときであり、このような場合には逆指値を設定しておいても約定拒否をされてかなり離れたところで約定させられてしまうことがあります。
比較的記憶に新しい出来事としては、スイスフランショックがあり短時間で相場が大きく動いたところ逆指値が約定拒否されてしまい、本来の逆指値とはかなり離れたところで約定をさせられて大損をしてしまった人が多数発生しました。


-海外FX

Copyright© 海外FX業者 口座開設 おすすめ比較ランキング , 2019 All Rights Reserved.